ホーム > プレ更年期障害

ページタイトル

プレ更年期障害とは

20 代〜30 代女性に更年期障害と同じ症状が増えています。
若いうちから無理なダイエットやストレスが原因で、プレ更年期障害に なる方が少なくありません。

更年期とは閉経をはさんだ前後5 年間、平均的には40 代半ば〜50 代半ばまでをいいます。加齢とともに卵巣機能が衰え、エスト ロゲンの分泌は低下し、それに伴い、ホルモンが分泌の中枢の下垂体から卵胞を刺激する卵胞刺激ホルモンの分泌が上昇します。 下垂体から刺激が出ても、卵巣がそれに対応できないというアンバランスな状態が生じることで、自律神経が空回りしたり、エスト ロゲン不足による不快な症状である更年期障害が発症します。

本来、卵巣機能が安定しているはずの若い女性にこのような症状が現れるのは、ホルモンをコントロールする脳の司令塔・視床下部 がまく働かなくなるためです。 視床下部は自律神経もコントロールしているため、ホルモンと自律神経は深く結びつき影響しあってい ます。このため、ストレスや過剰なダイエット、過労、不規則な生活、激しい運動などによって自律神経のバランスが崩れると、ホ ルモン分泌にも影響が及ぶのです。 プレ更年期は、自律神経の乱れによって卵巣刺激ホルモンの分泌が低下し、エストロゲンが減 少するもので、卵巣機能は衰えていないのが普通です。

プレ更年期の症状

  • 倦怠感
  • めまい
  • イライラ
  • 慢性疲労感
空白
  • のぼせ
  • 不安感
  • 冷え性
  • 微熱
空白
  • うつ
  • 頭痛
  • 食欲不振
  • 気力の低下
空白
  • 肩こり
  • 不眠
  • 集中力の低下
  • 記憶力の低下

プレ更年期障害は、自律神経の乱れによって卵巣刺激ホルモンの分泌が低下し、エストロゲンが減少するもので、卵巣機能は衰え ていません。 しかし、プチ更年期障害を放っておくと、女性ホルモンが低下した状態が長く続き、不妊症になりやすくなってしまったり、 卵巣機能が低下して本当に閉経してしまう危険性があります。

女性ホルモンは妊娠・出産や女性の性成熟のほとんどの要素に関わっており、低下した状態が長く続く事で、体全体に様々な影響 を及ぼします。エストロゲンは体の根幹をなす骨の形状に大きく影響しており、不足を長く放置しておくと、骨量が減って骨粗鬆症 になったり、コレステロール値が上がって動脈硬化が進んだりと、深刻な症状につながる事もあります。 早めに婦人科で治療を受け ましょう。

プレ更年期の予防・改善

過労や睡眠不足を避け、規則正しい生活とバランスの良い食事を心がけましょう。 ストレスを避けることはできませんが、できるだけ ストレスをためないようにし、上手に発散させる方法を見つけましょう。ヨガやアロマ、ハープ、半身浴などもリラックス効果があっ てお勧めです。また、軽いストレッチやウォーキング、適度な運動も効果的です。また、女性ホルモンの働きを助けるイソフラボン やビタミンE、抗ストレス作用のあるビタミンCなどをしっかり摂るようにしましょう。

料金表

婦人科初診料   2,000円
当院は自費による婦人科診療を行っております。 ※表示価格は全て税抜価格です。会計時に消費税8%相当額を申し受けます。
空白