ホーム > 低用量ピル

ページタイトル

低用量ピル(OC)

大人ニキビや肌荒れの改善、生理痛の緩和にもピル(OC)が効果を発揮します。

ピルは世界で1 億人の女性が使用しているといわれる、安全で確実な避妊のためのお薬です。 日本ではまだピルを恥ずかしいものと抵抗を感じている女性も多いかもしれませんが、ピルを服用している女性の約80% は、避妊 以外の目的だといわれています。

低用量ピル(OC)とは

低用量ピル(OC:oral contraceptives)とは経口避妊薬のことで、現在日本で使用できる避妊法の中でもっとも確実で安全性の 高い方法です。1日1 回1 錠を、毎日だいたい同じ時間に服用することで排卵を抑制し、ほぼ100% 確実に避妊できます。 しかし、低用量ピルを服用している方の多くが、避妊以外の副効用といわれる、女性の体に及ぼす良い作用を目的としていることも、 また、見逃せません。

低用量ピル(OC)の効用

大人ニキビの改善 肌荒れの改善 貧血の改善
生理不順の改善 生理の経血量過多の軽減 生理痛の軽減
子宮筋腫の予防 子宮体ガン、卵巣ガンの予防 子宮内膜症の進行抑制と軽快
多毛症の改善 乳房良性疾患の予防 安全で確実な避妊

望む時に妊娠をするために、低用量ピル(OC)できちんと避妊をしましょう。

ご自分が望む時に妊娠をし出産をするためにも、きちんと避妊を考えることはとても大切なことです。望まない妊娠は中絶という選 択を迫られることにもなります。性に対する正しい知識を身につけ、低用量ピルによって望まない妊娠や中絶のリスクを避けることは、 女性の生活を明るいものにし、望む時に妊娠をするという最適なライフプランの実現の一助となります。 低用量ピルの服用を止めると、速やかに自然な月経周期が回復して排卵するようになり、妊娠が可能になります。

低用量ピルを服用することによって不妊症になることはありませんし、ピルの服用を止めた後での妊娠も胎児には全く影響はありませ ん。 低用量ピルに含まれる女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)が、脳下垂体に働きかけて卵胞を成熟させるホルモンの分泌 を抑制し、排卵を起こらなくするのが低用量ピルの仕組みです。女性の体に元々備わっているメカニズムを利用するものですので、 胎児への影響や不妊の心配はありません。また、服用を続けている間に、薬の成分が体内に蓄積することもありません。

低用量ピル(OC)の服用方法

低用量ピルは、1日1 回1 錠を、毎日だいたい同じ時間に服用します。大切なことは飲み忘れないことです。あなたの生活習慣に 合わせて、習慣化するようにしましょう。

例えば・・・

・朝起きてすぐに服用する  ・就寝前に服用する  ・食後に服用する  ・朝起きてすぐに服用する  ・服用する時間を決めて、アラームで知らせる   など

飲み忘れてしまったら・・・

・1日だけ服用を忘れてしまったら、気付いた時にすぐ前日分を服用し、その日の分はいつも通りに服用します。  ・2 日以上続けて服用を忘れてしまったら、そのシートの服用を止めて、   次の月経から新しいシートで再び服用を始めます。

低用量ピルの服用方法低用量ピル(OC)

OCピルの服用方法 グラフ

低用量ピル(OC)の避妊効果

低用量ピルは、(1)月経初日から服用を始めるものと、(2)月経が始まった最初の日曜日から服用を始めるものの2 種類があります。 (1)ではその日から避妊効果がありますが、(2)では1 周期目に限って、服用し始めの最初の1 週間は他の避妊法を併用する必要 があります。低用量ピルを続けて服用している限り避妊効果は続きます。

低用量ピル(OC)の服用期間

低用量ピルは長期的に、たとえば20歳から40歳まで服用を続けることも可能で、避妊が必要であれば服用期間に制限はありません。 服用している間は定期的に検診を受けることをお勧めいたします。

料金表

初診料   2,000円
低用量ピル 薬量 3,000円
ピル採血 4,000円
月経移動   4,000円
アフターピル ヤツペ法 8,000円
ノルレボ錠 12,800円

※表示価格は全て税抜価格です。会計時に消費税10%相当額を申し受けます。

空白